結露に対処する

EP082_L
考えられる原因として結露が挙げられます。結露とは外気と室内との温度差によって生じるものですが、これには結露が起こる場所によって「表面結露」と「内部結露」があります。
当然、火事にもしっかりと備えておきましょう。←こちらのサイトではいろいろな住宅情報を取り揃えております。是非ご覧ください。
表面結露は冬場の暖房時など、サッシや窓ガラスに水滴がびっしりとついている状態を指します。放っておくと室内の湿度を高める原因となりますので、以下のような方法で対処しましょう。
1.室内に水蒸気を溜めない・・・まず、水蒸気の発生源を知っておきましょう。キッチンや浴室だけでなく、人間の体からも発生しますし、室内の観葉植物、水槽、ガス・石油ストーブなどからも水蒸気は発生します。これら水蒸気の発生を極力、抑えることで結露はかなり防げます。風呂のブタを開けっ放しにしない、洗濯物を室内に干さない、などが対策の具体例です。定期的に換気を行い、水蒸気を室内から追い出すことも大切です。冬場は寒いかもしれませんが、水蒸気が発生する炊事や食事のときや寝る前などに短時間でも換気するよう心掛けましょう。
2.断熱性を高める・・・もうひとつの対策は断熱性の向上です。例えば断熱サッシを使うと、外気の冷たさが室内に伝わりにくくなるため、結露の発生を抑えることができます。また、強い風が当たる窓は熱を奪われて結露の原因となりやすいので、雨戸を取り付けるのも一考です。

Comments are closed.