床暖房

EP076_L
Q床暖房を入れたい!
A床暖房は最近はやりの設備のひとつです。
どんな家にでも導入することは可能ですが、まず効果的かどうかを考えてみましょう。
床暖房も、今はやりの設備のひとつといえるでしょう。実際、リフォーム雑誌などで取り上げられることが多く、記事を見ているうちに自分の家にも入れたくなった人はけっこう多いと思われます。室内空気を汚さない床暖房は、確かに優れたシステムです。しかし、既存の家に合っているかどうかを検討することをまずお勧めします。
断熱性、気密性とリンクするシステム
床暖房は床の一部を暖め、その輻射熱によって部屋全体を暖めるシステムです。そのため、断熱性や気密性の低い家ではあまり効果が上がらず、ランニングコストがかなりかかります。設備を導入する際のイニシャルコストが高くても、ランニングコストが安いというのが、床暖房のメリットのひとつですが、これは断熱性、気密性ともに優れた家でこそ得られるものなのです。もう少し詳しく説明しましょう。気密性や断熱性が高くない家の場合、特に20年以上前の家のほとんどには、床下に断熱材が入っていません。床暖房のユニットの下は外部同然ですから、そこから熱が逃げてしまうのです。
通常、床暖房はサーモスタットなどで温度調整をしていますが、どんどん熱が逃げている状態では常にフル回転、ということになります。
また、気密性が低く、外気が多く入り込んでくる住宅では、床暖房だけで部屋全体を暖めるのは難しく、暖かいのは足裏だけ、というケースもあるのです。
このように、高断熱・高気密住宅の良し悪しは別にして、リフォームされる多くの家と床暖房との相性はあまりよくありません。床暖房を導入するのであれば、床下の状態をまず確認し、必要であれば断熱材を入れるなどする必要があります。設備費用以外にかなりの工事費がかかりますから、それを考慮した?えで決めるようにしましょう。
ところで、不動産に関するあらゆる情報は、←こちらから収集できます。
暖かさの感じ方は人それぞれ床暖房の場合、(気密性や断熱性が一定レベル以上に達しているという前提で)床面を25度くらいにセットすることで、室温は18度くらいに保たれます。対してエアコンの場合、室温24度にセットしたとすると、床面で20度くらい、天井は40度くらいになっています。
このように、床暖房では床面の温度は高いのですが、室内の温度はあまり高くないのが普通です。すると、それを「暖かくない」と感じる人が出てくるのです。

Comments are closed.